私たちについて

甲賀市ひとり親家庭福祉の会とは・・

概  要

名 称: 甲賀市ひとり親家庭福祉の会

事務局: 滋賀県甲賀市水口町水ロ地先
甲賀市まちづくり活動センター内

※ご質問・お問い合わせは、「お問合せ」よりお願いします

沿  革

滋賀県では、終戦後戦争未亡人たちの生活困窮を「自分たちの手で守り、生き抜く」ことをモットウに全国でも先駆けて、昭和24年「母子福祉のぞみ会」が誕生しました。
初代会長が森田厚子さん、そして、甲賀市も当時は甲賀郡として、県のぞみ会の郡支部として活動してきました。

その後、2014年4月には「甲賀市ひとり親家庭福祉の会」として独立しました。初代会長は立岡裕子氏で、それまで以上に「つながり・縁」を大切にして助け合い支え合いながら活動していこうという方針でした。

明るい花・ポピー 現在の組織は、会長、副会長、会計、理事、監事という構成で、母子、寡婦に分かれて活動をしています。寡婦の大半は県から委嘱を受ける母子福祉推進員で、ひとり親同士で交流、親睦を深め、ひとり親が孤立しないよう、自立した生活を互いに支援しています。現在の会員は137人です。

今年度の活動としては、ひとり親家庭相談会の実施、母子夏のお楽しみ交流会、冬のお楽しみ交流会、パソコン教室、寡婦の集い研修会、甲賀市子ども応援課より委託を受けて、旧町毎のひとり親ふれあい交流会を実施する予定です。